1. TOP
  2. 小児科で子供の口臭は治る?

小児科で子供の口臭は治る?

 2017/03/20 未分類
この記事は約 3 分で読めます。 191 Views

子供は、たまに口臭を発する場合があります。その口臭の原因は、大人と同様に様々です。
口の中の雑菌で、口臭が発生するという事例は多いです。また口の中の免疫力がちょっと弱くなっているのも、臭いの元になり得ます。そうかと思えば、口の中ではなく内臓疾患が原因という事例もありますが。
いずれにしても、子供の口臭が発生した以上はそれを解決しなければなりません。その解決をするための方法として、病院で診てもらうという選択肢があります。
では口の中の臭いを診てもらうのは、果たしてどの診療科目になるのでしょうか。
3つあります。一般的には、小児歯科になると思います。小児歯科では、お子様の口の中の色々な環境確認を行ってくれます。その歯科にて歯の治療を行うと、口臭が治る場合が多々あります。
ですので、まず口臭外来でお子様の口臭を解決するという方法が1つ目です。2つ目は内科です。
お子様の口の中の原因は、実は内臓が関係している場合があります。お子様の胃腸の調子が悪く、食べ物の消化不良が発生している場合がある訳です。
その消化不良に伴い、悪臭が発せられます。そしてお腹の中の悪臭が、口の中からでてしまう事例がある訳です。
ですのでその場合はお腹の中にある悪臭原因を除去するのが先決ですので、内科に行く事になるでしょう。
それと、耳鼻科が関係してくることもあります。耳鼻科が口臭に関わってくるのは、蓄膿症や鼻詰まりです。
まず後者の鼻詰まりですが、乾燥に関わります。ちょっと鼻づまりが発生してしまうと、お子様としてはやはり鼻ではなく口で呼吸をすることになるでしょう。ところが、口で呼吸をしてしまうと口の中が今度は乾燥してしまいます。口内乾燥は、あまり良くありません。乾燥に伴って、口から悪臭が発せられるという話もよくあるものです。
そして蓄膿症などの場合は、鼻の中の膿が問題です。膿は悪臭を発するので、それがお子様の口臭の原因になる場合がある訳です。
それと3つ目は、そもそも口の中に原因がある場合です。歯周病などはその1つです。
歯周病というのは、歯の根元で雑菌が繁殖しているのが原因です。雑菌は悪臭を発生してしまい、口臭になる訳です。歯周病の解決をしてくれるのは小児歯科です。
ですのでお子様の口臭を解決するための診療科目は、歯科と内科と耳鼻科の3つになります。
ただ口臭の原因がどれなのかは、やや判断が難しい場合があります。そのため口臭外来に判断してもらうという方法もあります。口臭外来はちょっと費用はかかりますが、一番無難ではあります。口臭外来で原因を特定した後に、担当の診療科目で見てもらうというスタイルが良いと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

子供の口臭の原因と対策の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

子供の口臭の原因と対策の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

bgfdrtgk

コメントを残す

*

この人が書いた記事  記事一覧

  • 小児科で子供の口臭は治る?

  • 口呼吸は口臭の原因となる

  • 歯周病と子供の口臭

  • 子供の歯周病は実は虫歯菌とは違う

関連記事

  • 歯周病と子供の口臭

  • 口呼吸は口臭の原因となる

  • 子供の口臭対策 消えない子供の口臭は○○で解決

  • 子供の歯周病は実は虫歯菌とは違う

  • 子供の口がうんちのような臭いがするのはなぜ?

  • 蓄膿症が口臭の原因?